ペット葬儀・ペット火葬のペット葬儀本舗トップ > ペット火葬とは  > ペットの土葬について

ペット火葬をせずに土葬する

ペットの土葬は昔はよく行われてきました。大阪神戸、京都以外の地方の一部では行われているところもあります。ペット火葬において金銭面でどうしてもやむ終えない場合は、各自治体に火葬を依頼する事になります。しかしながら、法律では公園や山などにペットの遺体を埋めるのは禁じられています。公園でも山でも必ず誰かの土地なのです。また、山では他の野生動物に掘り返されたり、良いことはありません。現状ではやはり、火葬して遺骨にしてから、お庭に埋めたり、海に散骨したり、山に散骨したりすることが多いようです。お骨であれば、土に還す事ができます。ペットがなくなって自宅に埋葬する場合、小動物なら良いかもしれませんが、犬・猫の場合は腐敗臭など衛生面も考えなくてはいけません。やはり一般的にはペットを火葬してから、埋葬をどうするのか考える方が多いようです。埋葬方法はお寺へ納骨する。霊園に納骨する。自宅の庭に埋葬する。一緒にお墓に入れるなど、飼い主様のライフスタイルに合わせて供養してあげると良いと思います。
但し、「ペットを供養する」という観点からは遠いかもしれませんが、むやみに土葬などできない法律になっていますので仕方ないと思います。自治体によってはペットの遺体自体引き取りできないところもありますのでお住まいの各環境局にお問い合わせ下さい。