ペット火葬のペット葬儀本舗トップ > ペット火葬・葬儀の流れ

ペットの死亡から葬儀、火葬まで

1.ペットがお亡くなりになったらまずはご安置します
ペットが亡くなったら慌てず、安らかに眠れる環境を作ってあげませしょう ペットの安置方法
2.電話にてペットの火葬や葬儀の予約を入れます
ある程度火葬や葬儀のプランを決めて、内容や料金の確認をして予約を入れます。
3.当日・翌日自宅まで無料でお迎えに参ります
一夜、最愛のペット(動物)との最後のお別れをして頂いて翌日でも結構です。 夏場や2〜3日後にしたい場合は、頭とお腹を保冷材等を使って安置して下さい。(安置の方法の詳細は、お気軽にお問い合せ下さい) 冬場は2‐3日は保冷材がなくても大丈夫です。暖房が効いていないお部屋でご安置ください。
4.葬儀を行わない場合は、火葬車にてお別れ式を行って頂きます
献花、線香を上げて頂き、愛するペット(動物)との最後のお別れをしてあげて下さい。
生前好きだったおやつなど、一緒に炉に入れてあげて下さい。
化学製品の衣類、バスタオル、ダンボール・大量の紙類は火葬できません。
※一任火葬供養Aプランはここでお別れとなります
5.火葬
ご自宅のガレージ、ペットのお散歩コースの思い出の場所などお客様の希望の場所で火葬を行わせて頂きます。
スタッフがお骨を拾ってお返しするプランBか立ち合いにてお骨上げするプランCをお選び下さい
6.終了
自宅にペットの遺骨を持ち帰り、暫く家で供養します。通常四十九日、一回忌までは供養される方が多いようです。

一任火葬供養

一任火葬供養はC番でお別れとなりますが、オプションで火葬確認やお骨上げもできますのでお問い合わせ下さい。